酵素はがん予防としても注目されている

92piqeb6i8vbug5現在の日本人の3人に1人はがん細胞に侵される時代となり、日本人の死亡原因の1位もがんだと言われています。
多くの日本人ががんにかかる時代となってしまったのには、多くの原因が考えられますが、酵素との関係も深い事が最近になってわかってきたそうです。

■がん細胞と酵素と腸の関係について

酵素は体内にもともと存在する栄養分であると同時に、必要不可欠な存在でもあります。
酵素が消化や吸収を高める事により、体は免疫力をアップさせる事が出来るのです。
消化酵素の働きが腸内での栄養成分の吸収を助け、免疫力をアップさせる事により、がん細胞にも侵されにくい体作りが出来ると言われています。
がんにはかかる人とかからない人が居るように、免疫力との関係は深く、酵素による免疫力の強化がある方はがんにはかかりにくいい傾向があるのではないかと注目されているそうです。

■なぜがんにかかってしまうのか

人間の体は、不規則な食生活や飲酒、喫煙等様々な事が原因で免疫力を低下させてしまうことがあります。
この免疫力の働きが弱くなった時にがん細胞はつけ込むように力を発揮すると言われています。
大まかに20代を過ぎるとこの免疫力が低下傾向な事から、普段から免疫力をアップさせる、それを維持するような努力が必要になるのです。

このようにがん細胞は酵素との関係が意外にも深く、また酵素の働きにも注目されているそうです。
1990年代から酵素は、がん予防の目的でも広く広められるようになってきたと言われています。

△PAGE TOP